後から後悔しないための日焼け対策。

歳を取ると日焼けをしないようにすることはかなり大事になってきますよね。
特に春先から夏場には陽射しがとても強くなることから、この時期の日焼けには出来るだけ気を付けるように自分でちょっとした対策をしています。
やはり日焼けをしてしまうと、もう少し年を取った時にシミになってしまうと思います。
後からそうなって後悔するよりも、今のうちから出来ることはしておいたほうが良いと思ってるので、日焼け対策は無理のない程度にはしています。

これは1年中していることなのですが、お化粧をする際に下地はUVカットのものを使っています。
特に顔の日焼けには細心の注意を払いたいです。なので1年中化粧下地はUVカットのものを使っています。

また、腕や足、首回りなども日焼け止めを塗っています。そして腕にはアームカバーをしています。
あまりにも気温が高すぎる日はどうしてもアームカバーが耐えられなくて外している時もあるのですが、そういう時でも絶対に日焼け止めは欠かすことが出来ません。
また、歩く時には日傘を持っています。日傘をさした時とささない時とでは感じる日差しの強さが全く違うので、夏の日のお出かけには日傘が欠かせません。
これらのケアをして夏場は外に出るようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です